FC2ブログ

ファンエラーの修理

富士通19”液晶一体型TVパソコンF/D70Dですが、ファンエラーで起動しません。
2009年モデルのVistaなので、通常なら廃棄処分なのですが、地デジが見られるPCであり、CPUファンの交換で簡単に修理できそうなので、修理することにしました。

分解は比較的簡単で、裏のネジを全部外せば、裏カバーはスタンドごと取り外せます。
蓋を開けてみたところ、CPUファンと同じ種類のファンがもう一つ(ケースファン?)付いていました。
電源スイッチをONにしたところ、ケースファンの方は回っていますが、CPUファンは回っていませんでした。
おそらくCPUファンの故障と思いましたが、ラッキーなのは同じファンがもう一つ有ったことです。
なので、入れ替えてみました。そうしたら、先ほどと同じようにケースファンは回っていますが、CPUファンは回っていません。
ということは、ファンの故障ではなく、マザーボードに問題があるということになります。
ファンの故障なら、同じファンを入手して交換すれば終わりなのですが、マザーの修理は簡単ではありません。

この時点で修理を諦めるかもしれませんが、ファン自体は故障していないので、CPUファンの電源を別の所から取ってやり、回転信号をマザーの端子に戻してやれば、ファンエラーは回避できるのではと考えました。

電源は、ケースファンの電源を分離することにしました。
私は機械屋で、大学の専攻も機械工学で、電気・電子は専門ではなく、「オームの法則」もしっかり理解しているわけではなく、いつものように、ネットで再勉強しました。
ファンと端子とは3本の線で接続されており、赤が+電源、黒が-電源(アース)、黄色が信号線(回転を検知する)です。
ケースファンの赤の線を途中でちょん切って二股に分岐させ、CPUファンの赤の線に繋いでやれば、2つのファンを並列に接続することになり、それぞれのファンに同じ電圧がかかるので、2つとも回るはずです。

IMG_20200329_140905-2.jpg

IMG_20200329_133357.jpg

図のように、それぞれのファンの赤線を延長し、それを接続して仮り付けしました。
そして電源を入れたら、2台とも回転し、ファンエラーも出なくなりました。
目論見どおりでした。大成功!

後はリード線の仮接続部分をちゃんと半田付けし、完了です。
カバーも組み付け直し、Windowsも起動でき、TVも見ることができました。

スポンサーサイト



theme : パソコン修理
genre : コンピュータ

Windows 7の更新後ログインできない不具合が発生しています!

more...

theme : Windows
genre : コンピュータ

ランサムウェアに要注意!

久しぶりの投稿です。(何せ、「貧乏暇なし」なもんで...)

本日訪問した客先のPCが、「暗号化型ランサムウェア」というウイルスに感染していました。
これに感染すると、PC内のすべてのデータが暗号化されてしまい、開かなくなります。
そしてPC起動時に、「暗号化を解除してほしければ、金を払え」というような英語(日本語の場合もあるみたい)のメッセージ文がたくさん表示されます。

残念ながら、この暗号を解除する手段は現状では、「身代金」を支払うしかないそうです。
しかし仮に支払ったとしても、解除してくれるかどうかは疑問ですが。

本日まずこのPCを確認したところ、やはりどのファイルも開かず、WEBの閲覧も正常にできない状態で、スタートアップを調べようとMSCONFIGを起動しようとしても立ち上がりません。
しかたなく、Safe Modeで起動しMSCONFIGを開いたら、スタートアップに10個くらい不正な設定がありました。
それらの設定を無効にし、再起動するとまた「身代金要求画面」が複数出てきます。
起動時にウイルスが実行され、またスタートアップに設定されるようです。

このPCはWindows XPで、ウイルス対策ソフトも入っていません。
ネットでオンライン・ウイルスチェックをしようとしましたが、そのサイトに移動できませんでした。
幸い別のユーザーIDが作れたので、テスト用に作成し、そちらに切り替えました。
そちらでも最初に身代金要求画面が出ましたが、WEB閲覧は正常にできたので、トレンドマイクロのオンライン・チェックを実行しました。
しかし、ウイルスは検出されませんでした。(どうなってんの?)

テスト用IDの方で再度MSCONFIGで不正なスタートアップを削除し、再起動し、テスト用IDでログインすると、身代金要求画面は出なくなりました。
しかし、再起動し、元のユーザーIDでログインするとまた出てきて、その後テスト用IDでログインすると出てきます。
タスク設定は全て削除したし、レジストリのRunにも何もありません。
どうやら、元のIDでログインした時に全てのIDのスタートアップに不正な設定を施すようです。

どうせデータは全部パーなので、HDDを初期化し、Windowsを再セットアップした方が確実にウイルスを消せるのですが、時間がないので、新しいIDの方に切り替えることにしました。
メールデータ、アドレス帳、お気に入りなどを新しいIDの方に移行し、元のIDを削除しました。
新IDの方で再度スタートアップを修正し、再起動をしましたが、身代金要求画面は2度と出ませんでした。

このランサムウェアには複数の亜種があり、最近全世界で急速に感染拡大しているそうです。
Windows XPだけではなく、最新のOSでも感染しているそうです。
感染経路とされているのは、やはり、メールの場合が多いそうですが、感染したWEBサイトを閲覧した場合もあるそうです。

感染を防ぐ方法としては、OSをWindows 7以上にし、Flash PlayerやAdobe関係のソフトを最新にし、Windowsのセキュリティ更新も最新にし、当然ですが、ウイルス対策ソフトを入れ、それも最新に更新しておくことですが、如何わしいサイトを見ないことも重要です。

どうぞご注意ください。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

ベンチマークに騙された

最近納入した顧客のPCのOS(Windows 7)が起動しなくなったので、持ち帰りました。

PCはミニPCで、ノートPCみたいにACアダプタ外付けタイプで、HDDも2.5”です。

その顧客宅へは時々訪問しており、PCの反応速度が遅いことが気になっていました。
メモリーに読み込んで動かす、1CD OS(以前のブログに書いたMini XP)の場合はぜんぜん遅く無いので、HDDの不良をまず疑いました。
そこで、HDDのベンチマーク・テストを行ってみましたが、普通のスコアでした。

なのでOSを再インストールすることにしました。
BIOSの初期設定がIDEモードなので、そのままでインストールしました。
インストールは完了しましたが、やはり反応が遅い状態でした。

IDEモードなので遅いのかと思いましたが、またOSを入れなおすのが面倒なので、後からAHCIドライバを読み込み、切り替えるソフトを使って切り替えてから、再起動しBIOS設定をAHCIに変え、起動しようとしたら、BCDエラー画面が出て、修復が必要との英語メッセージです。

指示通りOSのディスクで起動し、スタートアップの修復を実行しましたが、直りませんでした。
ネットで情報を探し、BCDやBootrecの修復などいろいろやってみましたが、一度起動したかと思うと再起動したらまた同じ状態でした。

しかたなく、今度は先にBIOSをAHCIモードにしてからOSを再導入することにしました。
PC付属のドライバCDからAHCIドライバをUSBメモリーに保存しておき、OSインストール前に読み込ませます。
昔のFDD搭載PCならF6キーを押し、フロッピーから読み込ませていましたが、今のPCは殆どFDDを内蔵していないので、USBメモリーやCDから直接読み込めるようになっています。

ところが、AHCIドライバを読み込ませたら、「このディスク(領域)にはインストールできません・・・」と言われてしまい、領域をいろいろ切りなおしてもだめです。
この原因もネットでいろいろ調べてみましたが、このドライバを先に入れると、どうもDVDからHDDへの読み込みができなくなる模様です。

どうせまた最初からOSをインストールしないといけないのならHDDも変えてみようと思い、HDDを交換しました。
そして今度はPC付属のAHCIドライバを先に入れず、Win7標準のAHCIドライバでOSをインストールしました。

問題なくインストールが完了し、応答速度も遅くありません。
どうもこれまでの状況を考えると、HDDの不良が原因だった事が間違い無さそうです。
なまじベンチマークの結果を信用したがために、非常に多くの時間と労力を使ってしまいました。

theme : パソコン関連お役立ち情報
genre : コンピュータ

Sony VAIOのリカバリ領域からリカバリできた

機種はPCV-HS22BL5、Windows XP Home Editionです。

従業員が誤ってCドライブを消してしまいました(>_<)

この機種はHDD先頭にリカバリ領域がありますが、リカバリするには「リカバリ起動ディスク」なるものが必要なのですが、それがありません。
さあどうしたものか?...

リカバリ領域の解析をすべく、前の記事で紹介したMiniXPの出番です。
しかし、リカバリ領域をマウントできず、次はKNOPPIXで試したところ、マウントできました。
とりあえず、領域の中のファイルを全て別のHDDにコピーしました。

中を覗くと、NT系のブート関係ファイルがあります。System32フォルダやMiniNTというフォルダもあります。
どうも簡易版のWindows NTが起動するような感じです。

まずMiniXPのPartitionツールで、先頭にNTFS領域を作成し、先のリカバリ領域の中のファイルを全てコピーしました。
そしてアクティブに設定し、起動可能としました。
再起動させると、”当り!”でした。MiniNTが起動し、リカバリ・メニューが現れました。
後は次々に進んでゆくだけです。

リカバリが完了したら、CドライブをアクティブにすればOSが起動するようになりました。
めでたし、めでたし...
プロフィール

tasys

Author:tasys
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード