FC2ブログ

UEFI非対応のPCで3TBのハードディスクを使う

Sony VAIO 3波TVチューナー搭載21.5インチ一体型PCの、HDD、メモリ、光学ドライブ無しのジャンク品を入手しました。
BIOS起動のみ確認されていたものです。

メモリを取り付け、ハードディスクを仮付けしたら、BIOS設定画面では認識しています。

どうせなら沢山録画出来た方が良いので、3TBのHDDを調達しました。
しかし、従来のMBR形式のハードディスクの場合、「2.2TBの壁」があり、それ以上は認識しません。
認識するシステムは、UEFI+GPT対応の比較的新しいPCとなります。
しかしこのVAIOは非対応でした。

まあ取りあえず、何とかなるだろうと、いつもの楽観主義で、やってみることにしました。

リカバリーディスクも調達していたので、それでリカバリーしようとしましたが、機種が違うと拒否されてしまいました。
私の確認不足で、微妙に機種が違っていました。
正しいリカバリーディスクを買った方が楽で早いのですが、そこはいつもの「技術者の意地」というか、諦めが悪いというか、何とか買った物を無駄にせず利用できないかとディスクの中を調べました。

最低限TVチューナーのドライバーとアプリが取り出せればいいのですが、ディスクの中のファイルは特殊な形式で圧縮されたものでした。
modという拡張子のファイルが沢山あり、おそらくこれらがリカバリーデータだと思われたので、例によってググってみたところ、これを変換するソフトがあるらしく、先人達の記事が複数見つかりました。
MOD2WIMというフリーソフトでWIMファイルに変換できるみたいですが、このソフトのダウンロードリンクが切れていました。
検索したところ、最初に見つかったものをダウンロードできたのですが、ダウンロードしたZIPファイルを解凍しようとしたら、ウイルス対策ソフトが反応しました。
無視して強制的に解凍し、実行したらウイルスでした。(正確にはマルウェアでした)
やはりウイルス対策ソフトの言う事は聞くべきですね。
全て駆除し、再度検索したところ、本物が見つかりました。(この人が持っていました)

先述のようにリカバリーディスクからリカバリーできなかったので、Windowsは新規インストールしました。
MOD2WIMを使ってリカバリーディスクからリカバリーデータを抽出しましたが、変換してできたWIMファイルもそのままでは中身を見ることができません。
7-ZIPを使えばWIMファイルを解凍することができます。
7-ZIPで解凍して出来たフォルダ名も意味のない記号なので、中身を一つ一つ確認して探します。
見つけることができなかったドライバーはネットで探し、一通り全てのドライバーをインストールし、TVを見るソフトもインストールし、TVが視聴できました。

新規インストールしたMBR形式のHDDのパーティション構成は、先頭が回復環境(100MB)、Cドライブを300GBとしたら、次に約1.8TBの領域が作られ、残り約750GBは未使用領域となりました。
Windowsからはこの未使用領域を使用することができません。
MBR形式のまま使用できるようにする方法を検索しました。
SeageteのDiscWizardで出来るような記事があったので、ダウンロードしてやってみましたがだめでした。
さらに検索したところ、「灯台下暗し」でした。
いつもお世話になっているHiren's Boot CDの中にある、Linuxベースの回復ツールのGpartedで出来るらしいので、やってみたら、未使用領域を基本パーティションに設定できました。
再起動してWindowsから確認しましたが、ちゃんと認識しています。
めでたし、めでたし。
スポンサーサイト



theme : Windows
genre : コンピュータ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

tasys

Author:tasys
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード